カーペット

色選びは意外と重要!豊富なカラーバリエーションのカーペット

SITEMAP

意外と簡単!カーペットのお手入れ方法

多くのご家庭ではリビングにラグやカーペット敷くことで、そこが自然と家族が集まってくる場所となっていると思います。 購入当初はふわふわとした触り心地に感動するものですが、いつしかその憩いの場所が菌や汚れの温存場所へと変わっていきます。 フローリングだと水拭きもできますが、カーペットの洗濯は費用や労力をかなり費やすので、ついついお手入れを後回しにしてしまいがちです。 汗や汚れがどんどん蓄積されていき、カーペットの毛の流れもだんだん崩れてしまい、見た目も汚くなってしまいます。
大きなカーペットだとクリーニングに出すより、安い新品を購入した方が安くすむこともあります。 毎日の掃除機かけや、重曹等を使用したホームクリーニングなどおうちでできるお手入れ方法もありますが、 どうしてもあの購入当初のふわふわ感に戻すことはできません。 しかし、大型のコインランドリーなら購入当初のふわふわな状態にかなり近づけることができます。
カーペットの素材にもよりますが、最近では自宅で洗濯可能なものが増えてきています。 費用もクリーニングよりも断然お安く済みます。 洗いから乾燥まで時間はかかりますが、夏場なら乾燥時間を短めにした、残りは自宅で干す手もあります。 またイスや漫画等を置いてある店舗もありますので、待ち時間に読書をしたりもできるます。 汚れが溜まってきたら、思い切ってコインランドリーに持っていくことをおすすめします。

カーペットはヨーロッパから伝わった優れたアイテム

みなさんは、リビングなどにカーペットは使用していますか? カーペットは、和室でも洋室でも利用していけると思います。 カーペットには、毛がふわふわしている物から、ナイロンの様なものでできた、涼し気なものまで、様々な使用があります。 カーペットは、絨毯とも呼ばれる敷物です。 みなさんは、カーペットと絨毯、どちらが聞き慣れていますか?
カーペットとは、昔ヨーロッパから伝わって来ました。 ヨーロッパでは、テーブルや壁などを覆うものとしても、カーペットは利用されていました。 草であったり、動物の毛皮などを利用してカーペットは作られていました。 今では、カーペットには人に対してとても優しいとされている、繊維と言われている物からできた敷物です。 こちらの、繊維に使われてる材料の違いが、カーペットへの違いになります。 毛の硬さが違ったり、長さが違ったりなど様々な仕様になります。 ですので、幅広くカーペットを選択することができ、自分好みのカーペットを見つけることが、できると思います。
また、大きくお部屋全体に敷いたり、カットして部分的に使ったり、様々な使い方ができます。 カーペットには、このように良い点などが沢山あります。 みなさんも、カーペットを利用してみてはいかがでしょうか?

カーペットの選び方について

ひとくちにカーペットと言っても柄や種類が多く、どういったものを選べばいいか悩んでしまうでしょう。 主なカーペットの種類とどんな状況でおすすめかをお伝えしたいと思います。
リビングにおすすめ:ウールやアクリル素材のカーペット
ウールは天然素材のため、吸湿性、保温性が高く、防汚性、難燃性にも優れた物となります。 デメリットとしては防虫効果がなく、虫やカビに弱いため防虫加工してあるものをおすすめします。
ダイニングにおすすめ:ポリエステルやポリプロピレン素材のカーペット
ポリエステルやポリプロピレンは化学繊維のため、強度は強く汚れが落ちやすいというメリットがあります。 また比較的安価で様々な柄があるのでお気に入りのものを選ぶことができるでしょう。
防音性を求めたい:アンダーフェルト+ウール素材のカーペット
集合住宅に住んでいると子供の足音など生活音が気になることが多いでしょう。 そのような場合にはフェルトを圧縮し断熱、防音に優れたアンダーフェルト(アンダークッション)を併用するといいでしょう。 最近では家庭用タイルカーペットとして30㎝角くらいの大きさでデザイン、防音性に優れたものも出てきています。 遮音性の等級を示す「LLー○○」の数字が小さいほど防音性が高いので、この数字を基準に選ぶといいでしょう。

MENU

NOTICE

カーペットを敷く時の色別での問題点

部屋の床がフローリングだと足に負担がかかりますし気温が低い時は冷たくなるのでカーペットを敷く人も多いでしょう。カーペットを敷く事で足にかかる負担を軽減する事が出来ますし気温が低い時でも温かさを保ち続ける事が出来ます。しかしカーペットを敷く時は色選びをしっかりしないと問題が生じてしまう可能性があ…

MORE

洗えるカーペットも中にはある

カーペットは床に敷くことで防寒対策につながり便利ですが、洗うのが大変なイメージがあります。でも今の時代そんな悩みを解決するような洗えるカーペットが存在しています。 もちろん自宅の洗濯機で丸洗いできるので、非常にお手入れが簡単です。洗ったカーペットはそのまま干せばその日のうちに再度使うことが出来…

MORE

インテリアに最適なカーペット

カーペットはインテリアとして非常に最適です。殺風景な部屋の中にカーペットを置くだけで見違えるように明るく見せることも可能です。 逆に黒めな色のカーペットを利用することで大人シックな部屋を演出できます。四角い形のものがデフォルトだと思われがちですが丸い形や星柄のものもあります。上手に合わせること…

MORE

カーペットの掃除はやり方次第

カーペットには色んな種類があります。薄手のものからしっかりしたものもあります。カーペットを使用する事で暖かさを保ったり、涼しさを感じられたりと色んな効果もあります。子供がいる家庭は子供の転倒防止にカーペットは欠かせないと思います。ただ、一度敷いてしまうとなかなか掃除をするきっかけがなか…

MORE